供養に関するあなたの想いをかなえる総合お世話係

「供養」とはなにか

「供養」とは、大切な対象を思う気持ち、感謝の気持ち。
そして、その対象を想いながら、過ごす過程のこと

大切な対象を想う

大切な対象とは、先祖や家族、近親者、友人など。

供養コンシェルジュ協会では、「供養」とは、そのような身近な存在の人を想う気持ちであると考えています。

それは、旅立って逝った人だけでなく、この世に生がある人を想う気持ちも。

さらにそれは人だけではなく、家族同様の大切なペットや、大事にしていたモノだってきっと…。

なぜなら、きっと誰もが「そういう存在があるからこそ、今の自分がある」と、思うはずだから。

命と向き合う

この世に生まれたら、誰もがいつかは死んでいく…これはあたりまえのことです。

授かった命には、必ず終わりがあります。
それはどんな人も平等に。

「供養」、すなわち大切な人を想うことは、授かった自らの命を想い、大切な人の「命」を大事にすることにつながっていると思うのです。

その結果、私たちはお墓や仏壇の前で手を合わせるのではないでしょうか。

それによって先祖を敬い、なつかしみ、感謝をし、安らぎを得られるのだと思うのです。

心豊かに生きる

「供養」と言うと亡くなってからのことと思われがちですが、果たしてそれだけでしょうか。

供養は、先祖や大切な故人(大切な対象)のためであると同時に、
私たち生きている人間が、より心豊かに生きるためのものでもあるのです。

PAGETOP
Copyright © 「供養」のコンシェルジュ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.