こんにちは、供養コンシェルジュの西山です。

最近、お墓の引越し「改葬」についてのお声を聞きます。
お墓はあるけれど遠方で、なかなかお参りできない。
お墓参りにいきたいけれど、高齢になり電車に乗っていくのが大変。
お子さんがいないので、継承者がおらず
お寺のほうから今後どのようにされますかと、お尋ねがあった・・・
など、さまざまなご事情、お悩みがあります。

大切な方が眠るお墓ですから、簡単に答えは出ないと思います。

昨年、ご高齢で諸手続きを代行してほしいというご依頼を頂きました。
ご本人の代わりに市役所や霊園に行き、行政手続きや、お骨出し、ご納骨まで
立ち会わせていただきました。

私自身、初めての改葬のお手伝いでしたので
霊園様、石材店様、市役所の方に問い合わせ、確認をしながら進めました。

改葬のお手伝いとして、大きく分けて次のようなことを行いました。

・新しい埋葬先、埋葬されている霊園に訪問
・必要書類の取り寄せなどの行政のお手続き
・お骨出し・閉眼供養
・今までのお墓の撤去工事の依頼
・新しいお墓の納骨・開眼供養

ご依頼者様を不安なお気持ちにさせないよう
ご説明や確認事項など、わかりやすく書面にしたり
聞き取りにくそうなときは筆談を交えてお伝えしました。

無事に新しいお墓に納骨したあと、ご依頼者様から笑顔で
「どうもありがとう。また家に遊びに来てね」と仰っていただき
お役にたててよかった!と心から思いました。

さまざまなご供養の形があり、そのご家庭に合った選択をして
今の生活がより充実していくよう、心をこめたお手伝いができたらと思います。