こんにちは。供養コンシェルジュの猪瀬です。

 

ある日のこと。めずらしく、息子が仏壇にお線香をあげていました。
いつもは、「ばーちゃん貰うよ!ご馳走様!」とお供え物をいただくばかりなのに・・・
部活の大会の日で「仏様・ご先祖様・・・」と、お願いしていたようです。
こんな時ばかりと思いながらも、大切な時に仏様・ご先祖様を思い出し頼っている子をみてほっとしました。

 

【供養】ということから考えると お願いばかりということはまた、違うのかとは思いますが
核家族が増え、家に仏壇のある家も決して多くはない現在。
どんな形でもご先祖様を身近に感じること、想いを寄せることも大切なことでその想いひとつひとつが、【供養】につながっていく・・そう感じています。

 

「帰ってきたら結果報告をして、『いつも見守っていてくれてありがとう』と感謝しようね!」と、つながる機会を提案しました。